セサミンで生理痛を改善できる?

セサミンには生理痛を和らげる効果もあるといわれています。
鎮痛剤のように即効性があるわけではないのですが、痛みの原因となる物質が抑制されるので、症状が軽減するのです。

生理のときの下腹部の痛みは、プロスタグランジンという物質によって起こります。
これは脂肪酸に分類され、血管や筋肉の収縮、拡張に関わるホルモンのようなものです。
妊娠しなかった場合、はがれ落ちた子宮内膜を血液とともに押し流す作用があります。
その際、痛みや炎症を発生させるので、生理痛が起こるのです。
プロスタグランジンが過剰に分泌されると、月経困難症といって、日常生活に支障をきたすほどの痛みに悩まされます。
しかし、プロスタグランジンは血圧の調整等、他にも様々な生理活性があるので、抑えてしまうと副作用ともいえる症状が現れる事もあります。

プロスタグランジンは、リン脂質由来のアラキドン酸から作られます。
セサミンは摂取する事によって脂質代謝を促進するので、体内のリン脂質は減少します。
原料がなければプロスタグランジンが過剰に生成される事はないのです。
セサミンサプリの中には、同じく脂質を調整するDHAやEPAが配合されているものもあります。
その相乗効果で、健康維持だけでなく、生理痛の軽減にも役立つのです。

また、セサミンには女性ホルモンと同じような作用があるといわれています。
ホルモンバランスを整えれば、生理不順等も改善されます。

トップに戻る