月経前症候群にセサミンを

サプリメントの分野でも、元気が出てくる、体が軽くなる、といった声の多いセサミン。
そのセサミンが月経前症候群という女性特有の症状にも良いということは、あまり知られていません。

そもそも月経前症候群(別名PMS)というのは、生理前になると情緒不安定になったり、肌荒れやむくみ、腹痛や頭痛などの異常がある症状のことをいいます。
この月経前症候群が起こるのは、ホルモンバランスが崩れることに起因しています。
女性は生理が始まると、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が多くなります。
この生理の15日程度前が排卵日になるのですが、この排卵後からのホルモン変化が、イライラしたり、腹痛になったりと、心と体に様々な症状に関係していると考えられているのです。
このような月経前症候群に悩む女性は、四割もあるというデータがあります。

さて次に、セサミンがこの月経前症候群に対して、良好な効果が得られ理由を説明します。
セサミンに含まれるゴマリグナンという種類の成分は、女性ホルモンのエストロゲン同様の働きをする成分で、このゴマリグナンの効果としては、自律神経のバランスを整えたり、血行が良くなるなどがあります。
ですから、ゴマリグナンの効果によって自律神経が正常化されれば、イライラなど心の乱れも緩和されることになります。
また、血行が良くなれば、頭痛の緩和も期待できるのです。
もちろん、月経前症候群の原因であるホルモンバランスの崩れが、ゴマリグナンの効果で整うことによって、様々な症状が緩和されることになるのです。
ですから、月経前症候群に悩む女性には、ぜひセサミンは試してほしいサプリメントなのです。

トップに戻る