セサミンで脂肪を減らそう

ゴマに入っていることで有名なセサミンですが、コレステロールを下げてくれる働きも持っているのをご存知でしょうか。

コレステロールと聞いただけで悪いイメージを持ってしまう方も多いかもしれませんが、コレステロールはある程度の量は体内には必要となります。
エネルギーを作り出してくれる役割もありますが、ホルモンの成分にもなっている物質ですので、私たちの体内には重要な物質なのです。
しかし、食べ過ぎてしまったり、運動不足になってしまっていると、知らず知らずのうちに体内にコレステロールが過剰に蓄積してしまいます。
この蓄積してしまったコレステロールが、将来的には脳梗塞や心臓疾患等、恐ろしい病気を引き起こす原因にもなってしまうのです。
そのため、コレステロール値とは真摯に向き合い、高い値になってしまわないようにすることが大切なのです。

セサミンの持っている力として、コレステロールの酸化を防いでくれるという特徴があります。
酸化を防ぐことにより、悪玉コレステロールが増殖してしまうのを防いでくれます。
また、セサミンは脂肪の分解を補助する働きがあり、肝臓でのグルコース合成を抑制してくれる役割もあります。
この効果によって、脂肪が安定的に分解され、スムーズにエネルギーに変わってくれるので、体内も良い環境になります。

将来的な病気を防いでいくという意味で、セサミンの摂取を心がけることは大切なことかもしれませんね。

トップに戻る